本文へスキップ

皮膚科 内科 美容皮膚科 アレルギー科 漢方

しみ・しわ・レーザー脱毛・毛穴・ほくろ・いぼ等皮膚のことなら、東京都江東区の芳仁皮膚科医院にご相談下さい。
安心!医療レーザー脱毛なら皮膚科におまかせ下さい。
各種割引キャンペーンをご利用下さい。

didary   houjincl

お電話でのお問い合せ・ご予約はこちら

芳仁皮膚科医院 TEL.03-6657-1212

しみ

しみについて

 しみはメラニン色素が生成・沈着することにより生じます。紫外線によって、肌は大きなダメージを受けることになります。そのダメージからお肌を守ろうとメラニン色素が皮膚の表面に浮かびあがってきます。

 肌年齢が若いうちは新陳代謝も活発で皮膚のターンオーバー(表皮が生まれ垢となってはがれ落ちるまで)に従いメラニン色素は体外に排泄されます。しかし年齢を重ねることで、あるいは長期間紫外線に暴露されつづけたお肌ではターンオーバーが長くなり皮膚表面にメラニン色素が長期間とどまることになり、しみになります。

 しみの種類には色々なものがありますから、皮膚科医師による診断を受ける必要があります。その診断にしたがい正しい治療を受けることをお奨めします。


しみの種類

老人性色素斑

 最も代表的なしみです。加齢や長期間紫外線にあたった結果生じるものです。
 顔面では主にこめかみ〜頬、体では背中、肩から手にかけてみられ、比較的境界がはっきりした黒〜茶〜褐色の色素斑です。
 経年的に徐々に大きくなったり、色が濃くなったりします。一部イボ型のしみになる場合もあります。

雀卵斑

 いわゆるソバカスです。
 遺伝的要素の強い色素斑で、顔面では頬〜鼻に左右対称にみられる茶色〜茶褐色の色素斑です。
 低年齢でも認められ、これに加齢や紫外線の影響で老人性色素斑と類似してくる場合もあります。

肝斑

 顔面に生じるしみの一種で、額、眼囲、頬などに境界がぼやけた黒褐色〜褐色の色素斑です。女性に多く中高年に多く見られます。しかし、歳代の女性、まれに男性にもみられます。妊娠、出産、更年期、ストレス、抗がん剤などホルモンバランスに影響する状況で生じる傾向があります。

大田母斑と後天性両側性メラノサイトーシス(後天性大田母斑)

 額、こめかみ、ほほ、鼻、眼球に灰青〜青、または茶色〜茶褐色の色素斑が生じたものです。
 生まれつきの場合はすぐに気づきますが、後天的な場合は、おそらく思春期以降に生じ、徐々に大きくなったり、広がって気づかれることが多いと考えています。いわゆるしみやクマに間違われることが多く、慣れている専門の医師でないと診断できない場合があります。

炎症性色素沈着症

 体のどの部分にも見られるしみで、外傷、手術、にきび、かぶれ、やけど、虫刺さされなど外部からの強い刺激を受けた後におこる色素沈着です。
 通常は数ヶ月〜一年程度で自然に消退するもですが、炎症が強いほど、長期であるほど色素沈着が長引くことになる傾向があります。

摩擦黒皮症

 代表的なのはナイロンタオルなどで長期間からだを洗っていた人に起こる色素沈着です。
 首、鎖骨、肩甲骨、肘のあたりに色素沈着を起こします。その結果しみになります。通常その生活習慣を変えることで改善しますが、実際には長期化している場合が多いようです。


しみの治療

T.外用治療,内服治療,美白美肌注射,ケミカルピーリング

  超音波・イオン導入,クリスタルピーリング

適応

  ・肝斑
  ・炎症性色素沈着
  ・摩擦黒皮症

 ◆外用治療…自家調剤したハイドロキノンクリーム、トレチノイン、吸収型ビタミンローションを使用します。
 ◆内服治療…高吸収型ビタミン、トラネキサム酸、システインなどのアミノ酸などを使用します。
 ◆美白美肌注射…プラセンタ、アミノ酸、天然カンゾウエキス、高濃度ビタミンなどを使用します。
 ◆ケミカルピーリング…主にフルーツ酸を使用します。
 ◆超音波・イオン導入…ビタミンやハイドロキノン、トラネキサム酸などを導入していきます。
 ◆クリスタルピーリング…μの超微粒子を用いた物理的ピーリングを行います。


U.レーザー治療

適応

  ・老人性色素斑
  ・雀卵斑
  ・大田母斑と後天性両側性メラノサイトーシス(後天性大田母斑)一部の炎症性色素沈着

使用するレーザー

  ・Qスイッチルビーレーザー(しみ治療・しみ取り・あざ治療・あざ除去)
  ・ジェントルレース(しみ治療・そばかす治療・くすみ改善)
  ・ショートパルスルビーレーザーV.光治療

適応

  ・老人性色素斑
  ・雀卵斑

使用する治療器

  ・フォトシルク(しみ治療・しみ取り・にきび跡(にきび痕))
  ・アキュチップ(しみ治療・しみ取り)