本文へスキップ

皮膚科 内科 美容皮膚科 アレルギー科 漢方

しみ・しわ・レーザー脱毛・毛穴・ほくろ・いぼ等皮膚のことなら、東京都江東区の芳仁皮膚科医院にご相談下さい。
安心!医療レーザー脱毛なら皮膚科におまかせ下さい。
各種割引キャンペーンをご利用下さい。

didary   houjincl

お電話でのお問い合せ・ご予約はこちら

芳仁皮膚科医院 TEL.03-6657-1212

ご挨拶

 「ホームドクターを目指して日々精進しています」

芳仁皮膚科医院院長
 この度、東京都江東区富岡八幡宮の近くで「芳仁皮膚科医院」を開院致しました。小さな医院ではありますが、地域の皆様が安心して受診して頂けるホームドクター(家庭医)になれるよう精進してまいります。
 お困りのことがございましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。皮膚科、内科を主体に、これまでの臨床経験を活かし、地域に密着した医療を目指したいと思います。
 私のモットーは、的確な診断のもとに行なう結果の出る治療をするということです。当たり前のことですが、これが意外と難しいと思っています。
 患者様のご希望に添えるよう努めていきますので、宜しくお願いいたします。

 院長   張 賢二



●院長

張 賢二
(ちょう けんじ)

●略歴

1989年
京都薬科大学 製薬化学科卒業 薬剤師免許取得
1996年
日本大学 医学部卒業
1996年
都立駒込病院 内科系綜合臨床研修医
1998年
日大板橋病院 皮膚科学教室入局
2002年
シロノクリニック銀座院長、総医局長兼任
2006年以降
西部中央病院  東陽皮膚科医院
2008年6月
芳仁皮膚科医院 開院

●所属学会・資格

日本皮膚科学会
日本レーザー医学会(認定医)
日本臨床皮膚外科学会(認定医)
日本臨床皮膚科医会
日本美容皮膚科医会
日本内科学会
日本抗加齢医学会(専門医)
日本東洋医学会
日本医師会(産業医)

●院長の業績

学会発表
1)1996年12月:第7回日本リウマチ学会関東地方会(栃木)
  著しい頚部腫脹を伴った皮下脂肪織炎の例
2)1998年11月:第742回 日皮会 東京地方会(西部支部)
   Mucinous carcinoma of the skin
   ・・・免疫組織学および細胞増殖能による検討
3)2000年1月:第753回 日皮会 東京地方会(西部支部)
  象皮病様外観を呈した脛骨前粘液水腫
4)2003年11月:第24回 日本レーザー医学会総会(岐阜)
  冷却装置付パルス幅可変式色素レーザーを用いた治療の多様性
  ―non ablative skin rejuvenationを中心に
5)2004年10月:第22回 日本美容皮膚科学会(福岡)
  アトピー性皮膚炎に伴ったdirty neckに対する
  pulse changeable dye laserの使用経験
6)2004年11月:第25回 日本レーザー医学会総会(東京)
  毛孔性角化症に対する脱毛用アレキサンドライトレーザーの効果の検討
7)2005年3月:第23回 日本臨床皮膚外科学会(和歌山)
  ロングパルスアレキサンドライトレーザーが奏効した顔面毛包性紅斑黒皮症の女性2例
8)2005年3月:第23回 日本臨床皮膚外科学会(和歌山)
  Pulse changeable dye laserを用いたskin rejuvenationへの応用
9)2005年9月:第23回 日本美容皮膚科学会(京都)
  にきび消退時の発赤に対するPulse changeable dye laserの使用経験
10)2005年9月:第23回 日本美容皮膚科学会(京都)
  陥凹性瘢痕に対する治療の工夫
11)2005年9月:第26回 日本レーザー医学会総会(東京)
   毛孔性角化症に対する脱毛用アレキサンドライトレーザーの有用性について(追加報告)
12)2005年11月:The 5th World Congress of Cosmetic Surgery & Medicine(東京)
  Evaluation of transconjunctival eyelid blepharoplasty using carbon
  dioxide laser for patients of a wide age group : Asian experience with 40 cases
13)2006年2月:第24回 日本臨床皮膚外科学会(東京)
  幅広い年齢層に対する炭酸ガスレーザーを使用した経結膜的下眼瞼形成術の有用性
14)2006年2月:第24回 日本臨床皮膚外科学会(東京)
  レーザー照射により黒色変化したアートメークをQスイッチルビーレーザーで除去しえた2例
  ○笹山桂一、張 賢二共同
15)2006年5月:第6回 日本抗加齢医学会総会(東京)
  顔面に多発した脂漏性角化症に対する光治療
 (UPL-U-SHAPE PULSED LIGHT)治療の有用性
  ○笹山桂一、張 賢二共同
16)2006年6月:第105回 日本皮膚科学会総会(京都)
  顔面に生じた多発性脂腺嚢腫に対して炭酸ガスレーザー治療が有効であった1例
17)2006年8月:第24回 日本美容皮膚科学会(東京)
  いわゆる「くま」に対する治療法の検討
18)2006年8月:第24回 日本美容皮膚科学会総会(東京)
   多発性脂漏性角化症に対する光治療の有効性
  ○笹山桂一、張 賢二共同
19)2007年7月:第106回 日本抗加齢医学会(京都)
  眉間の皺を対象としたB型ボツリヌス毒素の有効性と安全性
20)2007年8月:第25回 日本美容皮膚科学会(横浜)
  B型ボツリヌス毒素の有効性と安全性
21)2007年8月:第25回 日本美容皮膚科学会(横浜)
   美容皮膚科学的観点からみたハイドロコロイドドレッシング材の有用性の検討
  色素性母斑に対するレーザー治療後の仕上がりをよりよくするために
  ○福田和義、張 賢二共同
22)2008年8月:第26回 日本美容皮膚科学会(京都)
   顔面の白色瘢痕に対する炭酸ガスレーザーの有用性
   ○福田和義、張 賢二共同
23)2009年8月:第27回 日本美容皮膚科学会(新潟)
   Photo silk plus
   (U-shape pulse lightによるrejuvenation効果の検討)
24)2012年8月:第30回 日本美容皮膚科学会(名古屋)
   巻き爪・陥入爪の治療新クリップ型形状記憶合金製矯正器具の使用経験
25)2013年8月:第31回 日本美容皮膚科学会(神戸)
   塩酸ミノサイクリンにより生じたと考えられる顔面色素沈着に対してQスイッチルビーレーザーが奏功した一例
26)2014年7月:第32回 日本美容皮膚科学会(千葉)
   鼻尖部に生じた陥凹性瘢痕に対する治療経験
27)2016年8月:第34回 日本美容皮膚科学会(東京)
   塩酸ミノサイクリンにより生じた色素沈着に対するレーザー治療と無治療経過観察との比較
原著論文
1)皮膚科診療プラクティス17Rejuvanationの実際
  皮膚の若返り「V-STAR(Cynosure Photo Genica V-STAR)」
  :光文堂pp188-190,2004
2)アトピー製皮膚炎に伴ったdirty neckに対するpulse changeable dye laserの使用経験,
  日本美容皮膚科学会誌,15,64‐70,2005
3)瘡消退時の発赤に対するpulse changeable dye laserの使用経験,
  日本美容皮膚科学会誌,16,2,pp76-81,2006
4)象皮病様外観を呈した脛骨前粘液水腫の1例
  皮膚科の臨床,48,7,pp923-927,2006
5)ロングパルスアレキサンドライトレーザーが奏効した顔面毛包性紅斑黒皮症の2例
  臨床皮膚外科学会誌,15,2,pp 2006
6)顔面に生じた多発性脂腺嚢腫に対して炭酸ガスレーザーが有効であった1例
  日本美容皮膚科学会誌,17,2,pp81-84,2007
7)日本医事新報 Q&A 2006年12月16日 第4312号
  炭酸ガスレーザーとサージトロンを用いた疣贅とほくろの治療上のポイントについて
8)色素性母斑の炭酸ガスレーザー治療にハイドロコロイドドレッシング材を併用した場合の
  美容皮膚科的有効性
  福田和義、張 賢二共著