本文へスキップ

皮膚科 内科 美容皮膚科 アレルギー科 漢方

しみ・しわ・レーザー脱毛・毛穴・ほくろ・いぼ等皮膚のことなら、東京都江東区の芳仁皮膚科医院にご相談下さい。
安心!医療レーザー脱毛なら皮膚科におまかせ下さい。
各種割引キャンペーンをご利用下さい。

didary   houjincl

お電話でのお問い合せ・ご予約はこちら

芳仁皮膚科医院 TEL.03-6657-1212

ほくろ

ほくろについて

 ほくろは、母斑細胞母斑、色素性母斑、単純黒子などの良性の腫瘍のことを指します。しかし、これらの中に極めて稀ですが、悪性黒色腫というほくろの癌になってしまうものがあります。

 特に手足のほくろは要注意です。気になるほくろがある場合は自己判断せず、必ず皮膚科医の診察を受けることが重要です。

 悪性を疑わせるほくろの特徴は以下のようになりますので、1つでも該当する場合は診察を受けることをお奨めいたします。

 1.手足にある ・・・本邦では特に足底が多い
 2.非対称である・・・見た目に変な形
 3.境界不明瞭 ・・・ボヤーッとしたはっきりしない輪郭
 4.色調が不均一・・・まだら、染み出したように見える
 5.大きさが6mm以上ある
 6.急速に大きくなったり、色が濃くなったりする
 7.かゆみ、痛み、出血を伴う



ほくろの治療

    『※病理検査が必要と医師が判断した場合は、保険適応の場合もあります。』


◆治療写真 (ホクロ治療  右耳前)


治療前

治療後


◆治療写真 (ホクロ治療)


治療前

治療後


T.切除法

 *通常は、事前に採血をしていただき、予約で手術を承っています。

 1.局所麻酔をします。
 2.ほくろより1mm程度拡大して舟形に切除し、縫合します。
 3.1週間〜2週間後に抜糸を行います。

U.くりぬき法

 ・顔など切除では傷跡が目立ちやすい部位を代替的に行う手術です。
 ・利点は傷跡が目立たないことですが、傷跡が直るのまでに2〜3週間は必要とすることが欠点です。
 *通常は、事前に採血をしていただき、予約で手術を承っています。

 1.局所麻酔をします。
 2.くりぬき用のメスでほくろを取り除いて終わります。

V.レーザー治療

 顔局所麻酔をし、炭酸ガスレーザー、ルビーレーザー、ジェントルレースなどを用いて、直接ほくろを蒸散したり、ほくろ細胞を分解します。約1〜2週間程度でかさぶたになり脱落します。

 ・利点は、傷跡が目立たないこと、出血など副作用が殆ど無いことです
 ・欠点は、1回で取れず数回治療を要す場合があることです。
(しかし、美容的観点からみると数回にわけて治療を受ける方が綺麗に仕上がります。急いでない方にはその方が良いでしょう。)